自社サイトから集客をしたい

SEO

「Search Engine Optimization」の略で検索エンジン最適化を意味します。簡単に言うと検索結果で上位表示させるための対策です。この言葉が出始めた時代はお金さえかければ、内容が粗末なページでも上位表示され問い合わせを増やすことができました。

ただGoogleもこれに対応しパンダアップデート、ペンギンアップデートなどを実施。小手先のページや実態のないページを検索結果から排除する事に取り組み、今はしっかりSEO対策ができているページしか残らなくなっています。

では不動産業界で現状、しっかりSEO対策を行えば上位表示させることはできることでしょうか?

いえ、簡単にはできません。

その理由はエンドユーザーの検索思考の変化があるからです。


10年前、東所沢という駅で賃貸アパート物件を探す場合、検索キーワードは

「東所沢 賃貸」「東所沢 アパート」「東所沢 不動産」

せいぜいこの程度でしょう。「駅名+1キーワード」が主流でしたので、駅名+主要3つのキーワードを盛り込んだSEO対策をすれば上位表示も可能でした。

さて、現在上記2ワードで検索するエンドユーザーがどれだけいるでしょうか?
ほぼいません。

現在の検索方法は・・・

「東所沢 賃貸 1LDK バストイレ別」
「東所沢 徒歩5分以内 オートロック バストイレ別」
「東所沢 アパート 牛沼小学校 5万円台」

このように複数のキーワードを組み合わせて検索を掛けているのが一般的です。
ここで問題です。上記キーワードで検索した場合、検索結果に出てくるページはどんなページでしょうか?
物件情報のページですよね!
いくら会社のトップページにSEO対策をしようとも、トップページから流入してくるエンドユーザーがそもそもいないのでアクセスは増えません。今の時代は物件ページからの流入を増やすことが非常に重要です。

この対策がSEO対策に代わるLPO対策です。

LPO

「Landing Page Optimization」自社HPの中でも最初にたどり着くページの対策です。
不動産業界は特にエンドユーザーの検索ワードが多様化しているので、それに対応すべく様々なキーワードを盛り込んだページを作ることでアクセスを増やすことができます。

多様なキーワードに対応したページはもちろんですが、今は物件名での検索も非常に多いのでアパート名、マンション名に特化したページの作成も必要です。

@dreamでは多様なキーワードを盛り込んだページを自社で自由に組み立てができる他、マンション名、アパート名毎のページも作成可能です。

SNSの活用

無料で使えるSNSは自社HPに誘導する手段として非常に有効です。@dreamから直接投稿できるSNSは

  • ①Blog
  • ②Twitter
  • ③YouTube

の3つです。

※Facebook投稿は現在直接投稿できなくなっています。

①Blog

Blogは10年以上前からのSNSではありますが、未だに有効なツールです。
@dreamから連動しているBlogは商用利用可な5つのBlogです(2016年10月現在)
※今後Blogの仕様変更により投稿できなくなる可能性もあります。

5つのBlogに対してそれぞれアカウントを10個作成できますので、最大50個のBlogへ投稿が可能です。Blog作成方法として

  • ・新着 戸建て 物件情報Blog
  • ・新着 マンション 物件情報Blog
  • ・価格変更 戸建て 物件情報Blog
  • ・東所沢駅 新着 戸建て 物件情報Blog 等

このようにBlogも地域や物件の種別毎に作成し特化することでSEO対策、LPO対策にもなり自社HPへの誘導が可能です。

②Twitter

予めTwitterの認証設定、投稿用のテンプレートを作成しておけば、「つぶやく」ボタンをクリックするだけでTwitterに投稿可能です。

20代のお客様の情報源はGoogleよりTwitterだと言われています。賃貸をやっていて学生さんをターゲットにしている業者様は特に有効な手段だと言えます。

③YouTube

GoogleのサービスであるYouTube。Twitter、Blogと同様、YouTubeへの認証設定、投稿用のテンプレートを作成しておけば、ボタン1つでYouTubeに動画投稿可能です。

@dreamでどうやって動画を作るかと言うと、間取画像や写真画像を使ってスライドショー動画を自動作成し、そのデータをYouTubeに投稿します。

YouTubeのメリットは2つ。

①動画アップ後すぐに検索結果に表示される場合がある
 通常のHPはページアップロード後、Googleのロボットが巡回して初めて検索結果に表示されるようになります。そのため、検索結果に表示されるまで若干のタイムラグがありますが、YouTubeはロボットの巡回なしに内部リンクが張られるため、動画アップ直後、検索結果に表示される事もあります。

②検索結果に引っ掛かってきた場合、サムネイル表示される
 YouTubeの最大のメリットはこれです。YouTubeのページが検索結果に表示された場合、以下のページのような検索表示になります。YouTubeページだけはサムネイル表示されています。この検索結果だったら、順位が下であろうと、クリックしますよね?

紹介したSNSは全て無料で使えるツールです。手間なく投稿ができる仕組みになっているので、利用できるツールは積極的に利用し、自社HPへ誘導しましょう!