売却相談を増やしたい

●御社はこのようなお悩みを抱えていませんか?

  • ・売却相談がとれない
  • ・一括査定サイトを利用しているが受託につながらない
  • ・チラシ集客を試みているが効果がない
  • ・自社ホームページから売却依頼の問い合わせを増やしたい

●どうすれば売却相談が取れる?

一括査定サイトやチラシ集客の効率を上げ、相乗効果を上げるためには、営業活動の受け皿となる自社ホームページの充実が不可欠です。

●売却を相談したい売主さん最大の悩みは「いくらで売れるか」

売主さんは「物件がいくらで売れるか」、そして「この不動産会社はきちんと売ってくれそうか」という悩みを抱えながら不動産会社さんを比較しています。

売主さんから売却相談を取るためには、これら2つの悩みを解決し、「この会社なら大丈夫」と思ってもらえる売却専用の自社ホームページを運営することが重要です。

●一括査定サイトが受託に繋がらない理由

〜なぜ問い合わせがあるのに受託に繋がらないのか?

一括査定サイトは、売主さんが同時に複数の不動産会社さんに問い合わせを行う仕組みになっています。

他の不動産会社さんと競合した場合、ブランドや営業ツールの品質によるファーストコンタクトの際の印象などにより、他社と差別化がしっかりできている不動産会社さんに受託が流れてしまうのです。

●自社ホームページを充実することで受託が増えるのはなぜ?

一括査定サイトとは異なり、自社ホームページからの問い合わせは、いわば「指名による依頼」。受託に至る比率が高いのは当然といえるでしょう。

実際のところ、一括査定サイトでは平均1割の受託率が、自社ホームページでは8割を超えている不動産会社も珍しくありません。

以下では、査定時の営業ツールや、自社ホームページから受託を取るためのツールをご紹介します。