【生産管理】社員の給料を上げるための町工場生産管理セミナー

DX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉、今や聞かない日はないくらいです。それだけ時代の大きな潮流となっています。昨今のコロナ禍の影響も受けて、IT企業のみならず、どの業界においても、我先に…と注目を寄せています。まず、DXとは何なのか?

 DXは、Digital Transformationの略語です。Transformationは「変容」という意味なので、DXを直訳すると「デジタルによる変容」となります。デジタル技術を用いることで、生活やビジネスを変容させることをDXと言います。

 実は、日本のデジタル改革は諸外国に比べて遅れており、「デジタル敗戦」とも呼ばれています。日本のデジタル戦略は1994年の「高度情報通信社会推進本部」から始まりました。以降、政権が変わるたびに、新たな方針が打ち出され、都度、莫大な予算が投じられてきたものの、改革は、浮かんでは消えを繰り返し停滞してきました。そうした中で近年注目を浴びているのがDXです。今や、DX抜きに日本経済の再生は難しいというのが、官民共通の認識でしょう。

 岸田文雄首相が2022年6月に打ち出した「デジタル田園都市国家構想」には総額5.7兆円の予算が投じられる予定です。かつてのように、”看板の付け替え” はもはや許されません。政府は鳴り物入りでデジタル庁も発足させました。デジタル化を突き動かしたのは新型コロナの感染拡大だったいう面は否めませんが、コロナ禍で進んだその時計の針を元に戻さないことが重要です。

 

DXをわかりやすく言うと、「ITを導入・活用して競合他社との競争に負けない企業づくりをしましょう」ということです。大切なことは、DXは、ただ単に製造現場や情報管理においてITツール等を導入し活用することだけではなく、業務そのものの進め方や製品・サービスの売り方も「変革」するという点にあります。

そこで今回のセミナーでは、「町工場」を中心とした製造業が儲かり、社員の給料のベースアップを押し上げる

「生産管理システム」の活用方法を

創業57年の所沢の町工場がこの厳しい世の中を経営で生き残り、国が推し進める「賃金アップ」に対応するためにどのような対策をすべきかと、町工場のための生産管理システムを提供するプロフェクトとのコラボセミナーを開催します。

セミナー概要

日程 2023年02月02日
時間 14:00~16:00
開催地 東京池袋
会場名 としま区民センター 505会議室

東京都豊島区東池袋1-20-10(JR池袋駅東口徒歩7分)
参加費 無料
定員 10名