お客様の声

製品導入事例/バックナンバー

これまでの導入実績

第12回 ファースト興産株式会社 高橋一夫 様

おまたせしました! 第12回目は、初の地方取材です。お店は、山形県山形市内にあるファースト興産様。

上野駅から新幹線に乗り、山形駅まで行って来ましたよ。山形駅西口から徒歩13分。移転したばかりとあって、ピカピカのお店でした。

さて、地方の不動産屋さんは、どのように運営しているのでしょうか。今回は社長様に加え、スタッフの弘子様(奥様)、田中様にお話を伺いました。

  • ファースト興産 社長 高橋一夫様

公式サイト http://www.first-k.net
所在地 山形駅西口 徒歩13分
地図はこちら
取材日 2005年12月22日

一問一答

  • 不動産屋さんになったきっかけは?

    最初は山形のデベロッパーで営業をしていました。その後建設会社へ。今のお店は平成3年に設立、平成5年にスタートさせました。

  • 趣味は何ですか?

    シーズンの時は、2人で山登りですね。その他、トレッキングや散策などです。

  • 近くでおすすめのお店は?

    「たこつぼ」というお好み焼き屋さんです。たこ焼き、焼きそばもおいしいですよ。ラスクがおいしい「シベール」さんもおすすめ。それから、山形のおそば屋さんは、どこもおいしいです。

ホームページを運営していて、気をつけている点

村上 今のホームページを運営していて、気を付けている点や工夫している点はございますか。
奥様 ヤフーに登録しています。でも、少し前にヤフーの検索方法が変わってしまって。10ページ目位になって、やっと弊社のホームページが出てくる状態になってしまったんです。
村上 ロボット検索になって、変わりましたよね。それに対して、何か対策などはしていらっしゃいますか。
田中 リングアンドリンクのITサポータ、新井さんから教えて頂いた支援ツールで、毎日統計を取っています。キーワードを入れると各検索サイトの順位が出ますので、何位に上がっているかというのを、毎日紙に記入。こちらは10月の第2週目位からコツコツと。
奥様 まだ、効果的な方法はつかめてはいませんが。
村上 SEO対策は時間がかかりますからね。焦らずじっくりやることが大切だと思います。
社長 とりあえず、検索されてる回数が多いキーワードを絞り、順位を上げる工夫をしています。この支援ツールを使って、SEO対策を強化する部分を分析し、これからも順位を上げていきたいですね。
村上 ホームページのアクセス数は、一日どの位でしょうか。;
田中 大体80~100です。
村上 結構、ありますね。SEO対策もそうですが、トップページにある「仲介料値引きキャンペーン」などの企画や、かわいらしいイラストなど、ホームページ上でも色々と工夫されてますね。
社長 「仲介料値引きキャンペーン」は、時期が時期なので、10%サービスさせて頂いています。ホームページの装飾や、イラストなどは、スタッフに任せているんですよ。
村上 やさしい感じの色とか、お花のイラストなど、女性向けをアピールしているのかなと思いました。
田中 それは、私の独断で入れているんです。ホームページのレイアウトに関しては指示を頂いていますが、飾りは私がしています。
村上 ホームページにはブログもありますが、そちらはどなたが書かれていますか。
田中 ブログは私で、ホームページの日記は彼女が書いています。
村上 更新するのは、大変じゃないですか。
奥様 ブログの方は、毎日更新という感覚は持っていないので、それほど苦ではありません。写真を撮りだめておいたり、何かあったときに、携帯からアップするようにしています。マイペースですね。
田中 日記の方はネタがなくて、困っています(笑)。
村上 あまり日を空けてはいけないと思うと、焦りますよね。ネタ探しの苦労は、皆様多いと思いますよ。
  • HP検索順位表
    一番上には更新内容を記入し、
    「山形県 不動産」
    「山形県 賃貸」
    といったキーワードにおいて、
    各検索サイトの順位を
    毎日調べます。
    (2006.1月)

インターネット(ホームページ)以外で工夫している点

村上 今度は、インターネット以外で工夫している点をお聞きしたいのですが。何か気を付けていらっしゃる点はございますか。
社長 お客様にアピールといっても、何もないです(笑) 何もないのがアピールかな。特に看板を付けていないので、みなさん何屋さんだろうって思うみたいです。来店されたお客様も分からないらしく、入口から「お店どこですか」と、電話をかけてきたことがありました。
村上 そう言えば、お店の外に看板がないですね。
社長 実は、お店の前の道路が拡幅になるんです。今のままでは看板を付けても見えないと思うので、きちんと整備されてから付けようかなと思っています。
奥様 今付けても、看板は見えないですから。これからです。
社長 でも、なさすぎるかなって(笑)
村上 お店はとてもキレイで明るいですよね。看板が付くようになったら、入りやすいと思いますよ。
社長 若い方達はあまり関係ないかもしれませんが、不動産屋という昔からのイメージがあると思うんでね。そういうことがないようにしたいので、「何屋さんだろう」という風に思われるのは、かえって良いかもしれません。図面が窓にたくさん貼ってあるような昔の不動産業者は、見た目で入りにくいですもんね。
村上 そうですね。オープンになっていると入りやすいと思います。
社長 それから、まだまだ勉強は必要ですが、若い人がお店に入ってくれたので違いますね。お客様の層からしても、若いものに対応させたかったので。年配のお客様がいらしても、非常に調整ができますし。
村上 お客様が若い場合、スタッフの方が同年代だと、話がしやすいかもしれませんね。
社長 何かトラブルがあった場合についてはそれなりの対応はしますが、接客に関しては良い形だと思っています。

顧客のフォローについて

村上 顧客のフォローについては、何かやっていらっしゃいますか。契約後のお客様のフォローなど。
社長 それが問題なんですよ。
奥様 やろうと言ってるんですけどね。メールアドレスをお持ちの方や、教えて下さる方が少なくて。「入居した後、メールアドレス変えます」とか言われると、そのまま聞かずに終わってしまう。学生さんの場合、ほとんどメールアドレスを持ってらっしゃらないで、引っ越してきてから作る方が多いんです。
村上 なるほど。学生さんなどは学校に入ったり、引越した後、落ち着いてからメールアドレスを作るかもしれませんね。
奥様 ネットから登録して下さったお客様は、そこで聞けるんですけどね。
社長 やっぱり、お聞きするように努力しなきゃいけないですね。そういう意味で、契約後のフォローと言うのは、ほとんどなっていないかもしれません。売買のお客様に対しては、少なくとも年1回は年賀状などを出していますが、賃貸のお客様まで年賀状というのは・・・。
奥様 数が多くなってしまいますからね。「メールだったら年賀状送れるよね」と、話してはいるんです。
村上 メールだったら、送りやすいですよね。ただ、1回入居してしまうと、また不動産屋さんにメールアドレスを教えるというのは、なかなかしないと思います。
奥様 「あ、今ちょっと分からないです」という方も、結構いらっしゃるんですよ。それなら後でと思うんですが、なかなかお聞き出来ないですね。
社長 これって、大切なことですよね。「メールアドレスを教えて下さい」というハガキを出した方がいいかな。
奥様 1年前からみんなで言ってるんですよ。これからの課題ですね。
村上 そうですね。上手くメールアドレスがお聞きできると良いですね。季節のご挨拶だけでなく、お客様に連絡もしやすいかもしれません。それ以外では、いかがでしょうか。
奥様 電話でトラブルのお知らせがあると、すぐに対応していますよ。
社長 色々なトラブルに対してのフォローは、いかに迅速に対応するかが一番の問題ですよね。これだけは、絶対だと思っています。
村上 不具合やトラブルがあった時、たらい回しにされたり、対応が遅かったりすると、困りますよね。私も経験があるのですが、すぐ対応して頂けると有難いです。
社長 まずは顔を出すこと。トラブルが発生した時、いかに対応するかが、お客様にとって一番大切なことだと思いますね。普段のときは何もしてなくても。100%はなかなか出来ないですが、弊社はしてる方かなと自負しております。
  • 再開発中の山形駅西口

@dreamについて 魅力的な点

 

村上 次に、@dreamについてお伺いしたいと思います。
賃貸版を導入されていらっしゃいますが、@dreamの魅力的な点は、どこでしょうか。
奥様 すぐ登録、更新出来る点ですね。
村上 それが購入された一番の理由ですか。
奥様 ええ、きっかけですね。このホームページは、自分の気持ちが入れられると思うんです。前から、手をかければかけただけ可愛くなるって言ってるんですけど(笑) だから、かけ離れているとだんだん親しみがなくなってくるし、手をかければかけるほどホームページが可愛くなってくる。
村上 自由にカスタマイズできるので、その方のカラーや個性が出ると思います。自分の分身みたいな感じですね。
奥様 それから、お客様の声が、じかに返ってくるのが分かる。昔のホームページは、見ているお客様とこちら側のつながりが全く感じられないんですよ。@dreamにしてみて初めて「あぁ、これなんだよね」って。見て下さる方とこちら側の気持ちが通う。私はそんな気がします。
村上 外注のキレイなホームページと違って、@dreamのホームページは作り手側の思いが出ると思います。反応が感じられると、またやる気も出てきますね。
社長 こちらによくいらっしゃるお客様で「あそこのホームページ、面白いから見て」と、他で一生懸命宣伝してくださるお客様もいらっしゃるんですよ。それで、お客様がいらして下さったり。そういうのは、以前のホームページでは考えられないことです。
村上 頑張って運営なさっている成果ですね。他に@dreamの機能に関しては、いかがですか。
田中 チラシもすぐ出せるのが良いですね。物件詳細ページなどの項目が、全部一気に変更できるのも簡単ですし。あれをホームページビルダーで一から作るとしたら、ものすごく大変ですよ。簡単に変更出来るので、その点はすごく優れていると思います。あとは、手をかけていれば、トップページも楽しくできる。愛着の持てるページだと思います。
村上 どうもありがとうございます。
奥様 手をかけたら、手をかけただけのものが返ってくるホームページ。かけなかったら、死んでいきますね。

@dreamについて コストや広告費など

村上 次に、@dreamを導入して、コストなどは削減されましたか。
奥様 変わらないと思います。コストだけは変わらない気がします。
村上 情報誌もやっていらっしゃるんですよね。
奥様 まだ山形あたりでは、打ち切れる段階ではなくて。逆に掲載するので、広告費は増えたかなという気がします。
社長 情報誌自体も増えてきました。
奥様 情報誌の会社も増えてきたので、やはりそちらにも載せないわけにいかないんです。
社長 情報誌が10年位前から出てきて、今度はインターネット。チャンネルが増えているから、それだけ広告費がかかるのは仕方ないですね。片方に集中するわけにもいきませんし。雑誌は雑誌でありますから。
村上 山形では、情報誌でお部屋探しをする方も多いんですね。情報を得るツールがたくさんあると、皆さん色々なもので調べますから。
奥様 見る人は本当に頑張って見ていらっしゃいますよ。ネットにあって情報誌にないと、「何で?」というふうに思われるかなと思ってしまいます。
村上 それでは、東京と違って、ネット1本でやっていくのは厳しいですね。
社長 それは出来ないですね。情報誌を持ってきて「これ、ありますか」と聞いてくるお客様も結構いらっしゃいますから。
奥様 あれは会社の宣伝広告費でしょう。
村上 情報誌に掲載していれば、きちんとしている会社のように思われるかもしれませんね。その分、契約率はいかがでしょうか。
社長 上がっていると思いますよ。広告費が増えてしまったのは仕方がありません。でも、ネットの場合だと、いくら量を入れても費用がかからないのが良いですね。
村上 そうですね、変わらないですよね。
奥様 1件500円とか言われませんから。
社長 ホームページは、なかなか良いですよ。もともと活用すべきだと思いますし。情報誌だと、そうはいかないです。
奥様 多ければ多いほど、広告料がかかるわけで。ですから、弊社の場合、掲載する物件は最低限です。
村上 どうしても載せたいというものだけですか。
社長 そうですね。あとは売買物件を折込みチラシで。そう言えば、売買物件でも、ホームページを見る人が増えましたね。
奥様 増えました。一番思うのは、不動産屋さんがホームページを見ること。
田中 業者の方が、売買のホームページをしっかりチェックしてるんです。
村上 そうなんですか。他の業者さんから、しっかりチェックされているんですね。
奥様 「ネットでいち早くお客様に」と思っているのですが、「いち早く不動産業者から」電話が来るんです。これは賃貸でもそう。
社長 私は、それはそれとして良いのかなと。基本的に昔から、情報はオープンにすべきだと思っているんです。昔の不動産屋さんの場合だと、売買物件を手元に置いておき、お客様に小出しにしたりするのが、割と多かった。私の場合、最初から全て物件をオープンにし、早く決めるということを、第一に考えていました。
村上 それはお客様にとって、一番良いことですね。
社長 そうだと思います。弊社はオープンにしましたが、他者の不動産業者に紹介しないという風習が非常に強かったんですよ。
奥様 物件を流してくれないんです。ここ5年位前からですね、情報がオープンになってきたのは。空室情報が流れてくるようになったのは、ほんの2、3年位前からですよ。
村上 ネットが普及してきた時期と重なりますね。お客様にとって良い方向に流れたことは、本当に良かったです。
  • ファースト興産様 明るい店内

@dreamについて 改善して欲しい点

村上 次に@dreamの改善して欲しい点について伺いたいのですが。
何か使いにくい点とか、欲しい機能などはありますか。
田中 無理だとは思いますが、希望条件登録のメールが来たら、自動で顧客カルテに取り込まれるようにして欲しい。あれ、忘れてしまいがちなんですよ。
奥様 別売りのソフトがあるのよ。それを入れると出来るんですよね。
村上 はい、オプションソフトで「自動希望条件登録システム」がございます。多くは導入時に合わせてご購入頂いておりますので、ご興味がありましたらキヤノンシステムアンドサポート様へお問い合わせ下さいませ。
田中 標準装備されれば良いですね。バージョンアップされて、そういうのが入ってくるようになればいいな。
村上 はい、一応ご希望をお伝え致しますね。その他に何かご希望はありますか。
田中 一番最初の取り決め通りに画像などを保存しているのですが、結構細かい作業で。フォルダの場所などもバラバラなので、全く分からない人にお願いするとなると、出来ないだろうなと思うんです。
村上 なるほど、担当者の方しか出来ないということですね。
田中 ええ。たくさん使って覚えることも必要ですが、何のデータがどこにあるか、明確にして頂けると助かります。ホームページの方などは、@dreamで作成されたデータがある場所、ビルダーで作成したデータがある場所、しっかり把握してないと、削除させたりしてしまうので注意が必要です。
村上 かしこまりました。一覧表みたいになっていると、分かりやすいかもしれませんね。
田中 今は自分で研究していますが、初めは分からないので、紙で頂けると導入時に楽なのかなと思います。

今後の目標

村上 これからどのような不動産屋さんを目指していくか、今後の目標を聞かせて下さい。
社長 「こういうものだ」という明確な目標を持っているわけではありませんが、お客様をいかに満足させることができるか、が目標でしょうね。お客様というのは、家主さんもそうだし、借主さんも。従来の不動産業者のやり方だと、お客様を良いアパートに紹介して終わりというのが多かったのですが、これからはそういう時代ではないと思います。例えば、スタートした時からそうですが、駐車場1台にしても、きちんと管理手数料を頂いて、しっかり管理する。頼んで良かったということでないと、お客様から切られてしまいますからね。
村上 確かにそうですね。質の良い物件には、お客様も付きやすいです。
社長 何かトラブルがあった場合に、いかに対応するかも、お客様の満足度にかかってきます。いかに早く対応するか、ということ。家主さんに対するサービス、あるいは入居者に対するサービス、そういうことを一番に考えていくべきだと思いますので、管理部門は必要。それは、これからもベースになっていくと思います。
村上 お部屋が余っている時代だからこそ、しっかりと管理することが必要ですね。本日はどうもありがとうございました!
会社名 ファースト興産 株式会社
住所 〒990-0833
山形県山形市春日町10-1
TEL 023-645-8228
FAX 023-645-8343
お問合せ先 info@first-k.net
公式サイト http://www.first-k.net

インタビューを終えて

取材中強く感じたことは、お客様に喜んで頂けるような、満足して頂けるようなサービスの提供を意識していらっしゃること。お話をお聞きして、思っている以上に管理部分の大切さを感じました。古くて安い物件でも、他の不動産屋さんから「キレイなお部屋ですね」と言われるのも、分かるような気がします。
メールのフォロー等についてはこれからの課題。しっかりフォローできるようになると、ますますリピーターも増えるでしょう。

さて、次はどこの街の不動産屋さんでしょうか。次回のインタビューも楽しみにしていて下さいね。

(取材、撮影、編集、文章 : インターネット・コラボレーション・ライター 村上 幸 )