お客様の声

製品導入事例/バックナンバー

これまでの導入実績

第13回 有限会社住まいルームコア 社長 平田聖二 様

第13回目は、山形県山形市にある「住まいルーム コア」さん。

お店は山形大学の近くにあり、不動産屋さんの中でも一番近い場所にあるそうです。

でも、開業してから1年とちょっと。ロケーションは良くても、それなりのご苦労はありそう。しかし、昨年は数多くのユーザ様の中から「@dream大賞 オブ・ザ・イヤー 2005」に選出されました。

成功の秘訣は何でしょうか。今回も、色々と伺ってみたいと思います。

  • 社長 平田聖二様

公式サイト http://www.sumai-core.co.jp/
所在地 山形駅発、千歳公園行きバス→山大前停留所すぐそば
地図はこちら
取材日 2005年12月22日

一問一答

  • 不動産業界に入っていなかったら?

    不動産業ははじめたばかり。その前は新聞社にいて広告関係の仕事をしていました。ネットの可能性を思い、2年前から不動産屋さんをはじめたいと思っていました。

  • 休日の過ごし方は?

    ゴルフです。会社員時代と違って、安い平日に行けるので良いですね(笑)

  • 山形の一押しポイントは?

    山も近くにあり、川もきれい。自然が多い25万都市ですね。仙台にも近いです。さくらんぼやフルーツなど、山形の名産品はたくさんあります。

ホームページについて 現在の状況

村上 ホームページについて伺っていきたいと思います。今のホームページは、立ち上げ時から変わっていらっしゃいませんか。
奥様 はい、お店をはじめたのと同時に立ち上げ、現在も変わっていません。
村上 最初から@dreamのホームページだったんですよね。
社長 実は@dreamに決める前、別のところにホームページ作成をお願していたんです。だけど、その話が進んでいた時に、キヤノンさんに@dreamを紹介して頂いて。一度は「いらないよ」とお断りしたのですが、データ管理が優れていると思ったので、キャンセルしてしまいました(笑)
村上 どうも、ありがとうございます!
奥様 何かピンと来るものがあったのでは、と思います。最初はどこをどんな風にやっていったら良いか、不安もありましたし。
村上 @dreamはデータ管理とホームページが連動しているので、初めてのお客様でも使いやすいと思います。
社長 それから、300軒ほどある地元の不動産屋さんのホームページは、大体ワンパターン。地元のホームページ制作会社には、あまり魅力を感じませんでした。それがずっと疑問で。不動産屋さん自身のホームページに対する関心が、遅れているんでしょう。
最初から希望条件を登録させたりして物件検索させる、そういうのよくあるじゃないですか。
村上 確かに、「自分の希望条件にチェックして検索ボタンを押すと、それに合う物件が出てくる」そんな検索機能はよく見かけますね。
社長 出てきたと思ったら、「済み」とか「満室」というのが多かったりして。そういうのは、もう時代遅れではないかと思うんです。お客様はそういうものを望んでいない。@dreamみたいに、簡単にパッと出てくるのが良いですね。
村上 どうもありがとうございます! お好みもあるかと思いますが、@dreamは幅をもたせて検索できるのが良いと思っています。条件を厳しくしたためにお部屋がマッチングしなかったとか、逆にたくさん検索結果が出てきてしまったなど、お客様にかかる負担は低いですね。
ところで、話は変わりますが、現在のホームページのアクセス数はどの位でしょうか。
社長 アクセス数は20~45くらいで、それほどありません。夏場など、ひどい時は一桁なんていう時がありますよ。
村上 時期によってアクセス数が違うのは、仕方ないですね。
奥様 リングアンドリンクさんからのアドバイスで、アクセスアップのためにリンクを張らせて頂いたりという努力はしていますね。
村上 カウントの仕方がプロバイダの仕様によって違いますので、あくまで目安で良いと思います。
社長 ただ、アクセス数の多い日は、確かにお問い合わせが多い。他の不動産屋さんで「アクセス数が100」とかいうのを見ると、何でだろうって、つい思ってしまいますね。当社は2年目ということもありますし、去年1年間の記録を分析して頑張ります。
村上 記録があると、比べられますね。では、お問い合わせの数はいかがでしょうか。1ヶ月に何件くらい、お問い合わせが来ますか。
社長 この時期だと、30件くらい。しかし、繁忙期とそうでない時期との差が極端です。夏場は、はっきり言って月に4,5件もあれば良いという感じですね。
村上 どうしても波がありますよね。
社長 そうですね。去年の暮れからお店をはじめたので、今年の秋が「初めての秋」だったんです。秋は期待していたのですが、今年は思ったほど、活発ではありませんでした。山形全体だとは思うのですが。だから、今回1月からの繁忙期には期待しているんですよ。
村上 学生さんも、これから動きますからね。お問い合わせや来店されたお客様の中でですが、ホームページを見た方の割合というのはどの位でしょうか。
奥様 半分か、それ以上ですね。弊社は情報誌など一切広報をしていないので、飛び込みかホームページのみです。
社長 電話帳すら載せていません(笑) いや、色々考えがありまして。体制が整わなかったというのもありますし、私の考えで入れていなかったんですよ。頼まれても断っていました。ですが、1月からは情報誌などに契約して、ホームページ以外の広告も始めていきたいと思います。
※社長様は不動産業をはじめる前、広告のお仕事をされていらっしゃいました。
村上 1月からは、ホームページ以外にも広告を出されるということですね。そうすると、今まではネットからのお客様と飛び込みのお客様が半々ということで。結構、飛び込みのお客様もいらっしゃいますね。
社長 お店の場所が良いというのも、あるでしょう。しかし、「とりあえず見てみよう」とか「入ってみよう」というお客様が多いので、すぐ契約に至らない場合が多いです。
奥様 やっぱり確実なのは、ホームページを見て来店されるお客様。契約して下さる確率は高いです
村上 ホームページを見て来店されるお客様は、大体何割くらい契約されますか。
社長 6割~7割くらい、決まっていると思います。物件をほぼ絞り込んで、「これ」と指定していらっしゃいますからね。逆にいうと、それだけ飛び込みのお客様は難しいということです。

ホームページを運営していて、気をつけている点

村上 ホームページを運営していて、気を付けている点や工夫している点はございますか。
奥様 写真は多めに載せるようにしています。外観の写真と中の写真は、必ず1枚以上掲載。その他、特に工夫はしておりません。
村上 ホームページ内にある「すまいる通信」はブログですよね。継続されていらっしゃいますか。
社長 ブログは今年の1月下旬くらいにはじめ、3ヶ月ほど毎日書きました。
村上 今は、ちょっとお休みされているみたいですね。
社長 書き始めた狙いは、お客様に私どもを分かって頂きたいという思いからでした。最初は継続していたのですが、決算が始まると、そちらに向くようになってしまって。
奥様 決算も初めてでしたし、何でも初めてなことばかりでしたから。
村上 確かに、ブログより決算などの業務の方が大切ですよ。1年目ですし、余裕がないのは仕方ないと思います。ただ、毎日更新されていたのはすごいことですね。
社長 自分で言うのも何ですが、よく続けたなと思います。それで、決算をやっているうちに、目標がある程度達したのではと思うようになりました。その頃から更新が1週間に1回、2週間に1回、1ヶ月に1回に。
村上 なるほど。止めたわけではなく、更新回数が減っているんですね。
社長 あと載せても同じかなと(笑) でもね、私が書くとどうしても文章が硬くなってしまってね。もう少しやわらかく書かなくてはと思います。やさしい文章を書こうとすると量が少なくなるし、難しいですね。
村上 ブログのネタにも悩みますよね。
またホームページについて話を戻しますが、このトップページは最初の雛形のままでしょうか。
奥様 基本的にはこの形ですが、これでもだいぶ変えました。
村上 画像も少し入ってますね。
奥様 トップページの写真は、季節ごとに変えようかなと思っています。それから、11月くらいにリンク集も作りましたよ。
  • お店にある図面にも
    写真や地図などを掲載。
    カラーできれいに作られています。

インターネットやホームページで、これからチャレンジしていきたいこと

村上 今度は、ネットやホームページにおいて、これからチャレンジしていきたいことを教えて下さい。
社長 動画を取り入れていきたいですね。カメラの上に360度レンズを乗せて撮影する、360度パノラマムービー。最近、@dreamユーザさんの中でも、だいぶ入れていますね。
村上 そうですね、増えてきました。機材を揃えないといけませんが、360度お部屋の中が見れるのは魅力的ですよね。
社長 入れたいのですが、今は時間的にも余裕がありません。その前にやるべきことが、たくさんあるんですよ。
村上 さっきおっしゃっていた、物件ですね。
社長 物件数は、まだ不足していますね。最低600は欲しい。今は450物件だから、頑張って良い物件を増やしたいです。
村上 やっぱり、良い物件がないと決まらないですよね。
奥様 そうですね。入居したくない物件ばかり集めても、契約して頂けません。いくら一生懸命頑張っても、物件が良くなければお客様は入りませんからね。
社長 スタート時物件を集めたのですが、本当にヒドイ物件もありましたよ。物件は我々の商品ですから、良い物件を集めたい。また、そういう良い物件はすぐ決まります。
村上 不動産屋さんから見て、質の良い物件はおすすめもしやすいですしね。
奥様 そうなんですよ!「私達が住んでみたいな」という物件は、自信を持っておすすめ出来ます。

ホームページ運営を上手に続ける秘訣

村上 「ホームページを続けるのは難しい、大変」という不動産屋さんは結構いらっしゃると聞きます。住まいルーム コアさんにとって、ホームページ運営を上手に続けるコツ、秘訣とは何でしょうか。
奥様 やはり、コツコツと毎日更新していくことでしょうね。
社長

今の若い方たちは、毎日更新しないと見ないそうです。

更新をしないホームページは、魅力がないので見て頂けない。

そういう流れや傾向は感じ取って、意識していかないといけません。

毎日更新して継続するというのは、最低限のこと、自然なことのような気がします。

村上

上手く運営できていないユーザ様のお話も、間接的に聞くことがあります。

物件の入力や削除に追われて辛いとか。他の業務もしなければならないし、

更新に追われてしまうということはないですか。

社長 確かに時間はかかりますね。間取りを入れたりとか。
ですから、1日1件でも良いと思います。
奥様

ホームページ専門でかかりきりの人が1人いれば、
良いホームページも作れるのかなと思いますが。
弊社の場合は人手がいませんし、何でもしなければならないので、

ホームページばかりに関わっていら
れない時もありますよ。

村上 無理してまでは、という感じですね。
奥様 そうそう。出来る範囲で、なるべく毎日更新することが大切です。物件を入力しないときも、新たに写真を追加したり、間取りがちょっと汚いなと思ったら、作り直して見やすいものに差し替えたり。
社長 毎日更新するというのは、新しい物件を入れることではありません。
奥様 手を加えることが大事だと思いますよ。
村上 変更されていれば、きちんと手をかけているというのが、お客様に伝わるということですね。
社長 「毎日更新しないホームページは魅力がない」と先ほど言いましたが、それは新しい物件を入れることではないんです。今の情報をホームページに入れるということ。こちらは新しい情報をチェックしている、提供しているということを、お客様に感じとらせるのが大事ですね。もちろん、大変なことは大変。ですが、当たり前のことが本当に一番大切なんだと思います。
村上 なるほど。更新といっても、物件入力や削除だけが更新ではないですもんね。「新しい今の情報を提供している」という捉え方に納得しました。コツコツやっていくのは地道な作業ですが、社長がおっしゃられたように、私も一番大切なことだと思います。
奥様 リングアンドリンクさんの教えの通りにやっていますよ。それが成功の秘訣かな、なんて思います。ホームページビルダーもやっと出来るようになりましたので、これからもトップページなど、色々変えていきたいですね。
  • ホームページ物件一覧
    良質な物件をもっと集めていきたい。
    (2006.1月)

@dreamについて 魅力的な点やフォロー体制など

村上 次に、@dreamについてお伺いしたいと思います。魅力的な点があれば、教えて頂きたいのですが。
社長 データベースを管理しながら、ホームページ上の物件の出し入れが出来る。やっぱり、そこが魅力的ですね。ホームページをご覧になるお客様は「お部屋を借りよう」と目的意識をもっていらっしゃいます。その目的に対してすぐ到達させられる@dreamは、よく考えられたシステムだと思いますよ。
村上 ありがとうございます。ホームページをご覧になるお客様にとっても、使いやすいよう開発を心がけています。
奥様 私のようにパソコンが苦手な人でも、ある程度教えて頂ければ操作が楽に出来ます。物件の更新が比較的簡単に出来るというのが良いところですよね。それから、マッチングがすごく優れていて「すごーい!」と驚いているんですよ。
村上 マッチングは、結構使っていらっしゃいますか。
奥様 お問い合わせがあったら、必ずです。
社長 マッチングの場合は、物件数が多くないと、きちんとしたマッチングができませんからね。早く登録しなければと思ってるんですよ。
村上 物件が多ければ多いほど、ヒットする数もふえますからね。その他、魅力的な機能はございますか。
奥様 以前よりも、ホームページに写真をたくさん掲載できるようになったのが良いですね。バージョンアップする前は2枚くらいだったのが、今は5枚くらいに。どんどん改良されて、バージョンアップするのも@dreamの魅力です。
村上 ありがとうございます。ユーザ様の声を元に、これからもバージョンアップしていきたいと思います。
社長 これは最高の武器。この武器を利用すれば、大手と中小企業が対等に渡り合えるんですよ、はっきり言って。物件さえそろえれば対等に戦えます。魅力的ですね。
村上 はい、@dreamはそのように作ってあると自負しております。大いに利用して頂きたいですね。。
奥様 開業と同時に導入できたので、本当に良かったなと思います。
@dreamを入れていなかったら、どうなっていたんだろうって。
村上 ありがとうございます。開業される方には、ピッタリのソフトだと思います。
社長 こういうローカルにいるとね、中央の情報が欲しいんです。事業をする人というのはそれぞれ孤独。ですから、@dreamを使っていて、横のつながりがある、というのが一番望まれることではないでしょうか。
奥様 全国の同業者の方と、一堂に会して集まる機会はあまりないですからね。
村上 ええ、あまりないですね。業者交流会などはとても好評です。
社長 昨日の「年末@dream DAY!」でも、タカラ不動産さんとお話させて頂きました。SEO対策の話をさせて頂いたのですが、教えて下さるんですよ。企業の秘密をまとめて。それから、シガレットホームさんともお話しする機会がありまして。大学が近いという共通点で、色々情報交換ができました。
村上 他の不動産屋さんの状況など、気になりますよね。
奥様 全国の同業者の方とお話しする機会はないですから。市内同士の業者さんだと、そういう打ち明け話はなかなか出来ないですし。
村上 確かに、話しづらいかもしれません。ご近所だと、つい敏感になってしまったり。打ち明け話をしたところで、真似されたらどうしようという心配はありますよね。
社長 特に山形の不動産屋は、そのように県外に飛び出していく、視野を広げていくお店はすごく少ないと思います。自分が脱皮する上でも、@dream、リングアンドリンクさんとの協力が武器になっていますよ。
村上 どうもありがとうございます。身が引き締まります。
社長 産業界自身が変わるとき、まずインターネットが変わった。残された人間というのは、どんどんおいていかれます。使いこなせるかどうかが、ポイントになる。
村上 なるほど。「とりあえずホームページ持ってればいいや」という気持ちの人は、おいていかれるということですね。
社長 そう、持っていれば更新しなくていいと。でも、そのうち気付いて外注するようになり、いいようにお金を取られます。そういう人達は、苦労をしていませんけどね。
村上 時代の変化やトレンドに合わせた使い方は大事ですね。またソフトの方にも、それが言えると思います。
社長 大切なことだと思います。リングアンドリンクさん、絶えずバージョンアップをお願いします。取り残されるようになっちゃいますからね(笑)
村上 かしこまりました! 期待を裏切らないよう、開発にも一層力を入れていきたいと思います。
今、業者交流会やバージョンアップなどのお話が出ましたが、リングアンドリンクのフォロー体制というのは、満足されていらっしゃいますか。
社長 満足です!
奥様 どうしていいか分からないような時にでも、電話で聞けば丁寧に親切に教えて頂けるので、すごく心強いですね。しかもフリーダイヤルなので、電話代を気にせず聞くことができます。
村上 不明な点がありましたら、どんどんITサポータにご連絡下さい。
社長 これからは、取り残されるお店が出て来るでしょうね。交流会やソフトのフォロー、バージョンアップなど大切だと思います。
  • 山形駅前大通商店街

  • 接客カウンター

@dreamについて コストや広告費

村上 次にコストや広告費についてお伺いしたいと思います。住まいルーム コアさんは、@dream以外で広告費などはかけていらっしゃいますか。
社長 今までは@dreamのホームページのみでしたが、1月からは情報誌などに広告を入れてみようと考えています。
村上 そうすると、今は@dreamの維持費のみですね。
社長 そうですね。広告嫌いなんですよ(笑)。
村上 それでもお客様いらっしゃいますから。
社長 足りないですよー! これじゃ食べていかれない(笑) 不動産屋って難しいですよ。
奥様 都会と違って若い人の数が少ない。都会は繁忙期以外でも常に出入りがあるかもしれませんが、地方は繁忙期だけです。
村上 そうですね。地方だとどうしても、お客様の絶対数が少ないですね。
社長 首都圏だと客単価が大きいじゃないですか。しかし、こちらは1部屋3万~5万円という程度。5万円でも高いというレベルでやっているわけです。その点を考えると、どうしても業務を拡大していかなければならない。だから、午後から営業に出かけるんですよ。時には午前中も。「不動産屋はじめました」とふんぞり返っていたら、商いやっていけません。また、情報化も積極的に学ばなくては、情報も入ってこないですからね。
村上 客単価を考えると、地方はなかなか厳しいですね。積極的にならないとダメですね。
社長 ここで座っていても、何ともならないですから。その点、@dreamというのは、一つの武器ですよ。

今後の目標

村上 これからどのような不動産屋さんを目指していくか、今後の目標を聞かせて下さい。
社長 不動産業というのは、売買、賃貸、管理、開発と上げられると思います。それをいかにバランス良く取っていくか、というのがポイントではないでしょうか。その中で、賃貸というのは中心になる。でも、それが全てではなく、売買もしなければならないし、開発もしなければならない。街づくりというのは、不動産屋の重要な要素なんです。ですから、管理を含め、その4つをいかに広げていくかというのが、課題ですね。
村上 確かに、不動産屋さんは、街づくりに大いに貢献していると思います。偏りすぎず、賃貸を中心にバランス良くやっていくということですね。
社長 あとは、賃貸に対する管理をしっかりすること。まだ1年目ですし、管理物件もこれから。全てこれからですね。
村上 ご活躍、楽しみにしております。本日はどうもありがとうございました!
会社名 有限会社 住まいルーム コア
住所 〒990-0034
山形県山形市東原町1-2-20
TEL 023-629-7725
FAX 023-629-7726
お問合せ先 hirata@sumai-core.co.jp
公式サイト http://www.sumai-core.co.jp

インタビューを終えて

開業してから1年目とは思えないほど、ホームページや@dreamに対する意識が強く、驚きました。
でも、山形においてお部屋探しは、飛び込みや情報誌などがまだまだ主流。しかし、地方がネットに追いついた時、ものすごい力を発揮されるのではないでしょうか。
@dreamについても、「大手と戦える武器」とおっしゃって下さった社長様。その熱い期待に、リングアンドリンクに関わる者として、身が引き締まりました。
これからも山形に刺激を与え、地方の不動産業界を良い方向に変えていって頂きたいと思います。

さて、次はどこの街の不動産屋さんでしょうか。次回のインタビューも楽しみにしていて下さいね。

(取材、撮影、編集、文章 : インターネット・コラボレーション・ライター 村上 幸 )