お客様の声

製品導入事例/バックナンバー

これまでの導入実績

第90回 宮崎公立大学近くの不動産 シガレットホーム 社長 小松 秀行 様

第90回は、宮崎県宮崎市の「宮崎公立大学近くの不動産シガレットホーム」様です。

青空を突き抜けるワシントニアパームの並木、街角には色鮮やかな花々が一年中咲き乱れる南国・宮崎。シガレットホーム様は、この温暖な宮崎市の中心部に12年前、開業し、主に大学・短大の学生を対象とした賃貸物件の仲介サービスを手がけていらっしゃいます。
2003年、県内で初めて@dreamを導入してから、ライバル不動産屋が乱立する激戦区となった今に至るまで、エリアナンバーワンを固守。長期にわたり支持される秘密は何か、たっぷりとうかがってきました。

  • シガレットホーム 小松 秀行 様

公式サイト http://www.cigarettes-home.jp/
所在地 JR日豊本線宮崎駅、JR日豊本線宮崎神宮駅から徒歩約20分
宮崎交通一の鳥居バス停から徒歩2分
地図はこちら
取材日 2013年9月11日

宮崎の魅力 ~南国情緒ゆたか、パワースポットが日常に~

  • 宮崎はどんなところですか?

    市内の中心部であっても緑が生い茂り、年中暖かくて、のどかな街です。また、少し車を走らせたら、奇岩「鬼の洗濯板」に囲まれた青島で海を眺めに行くこともできるし、「日本で最も美しい村連合」の一つで、日本最大規模の照葉樹林で有名な綾町へも約30分。照葉大吊橋からは絶景が臨めます。県内のここかしこに神話がたくさんあり、宮崎はパワースポットとしても訪れる価値のあるところです。

  • お気に入りの場所はどこですか?

    よく行くのが、日本の初代天皇「神武天皇」が祀られている宮崎神宮です。正月に毎年「家内安全」「商売繁盛」を祈願するほか、仕事で嫌なことがあるとすぐ宮崎神宮に出かけ参拝したりしています。宮崎神宮は静寂が保たれていて、心が落ち着きます。また、一帯が森のようになっているので、夏は3人の息子たちと一緒に虫取りに出かけることもあります。

  • 南国情緒を感じるJR宮崎駅前

  • 地域に愛されるパワースポット宮崎神宮

創業への思い ~たばこ屋の名残を残したユニークな店舗~

  • お店の近くはどんなところですか?

    宮崎公立大学、南九州大学、南九州短大に近く、周囲には、図書館、美術館、メディキット県民文化センター(芸術劇場)などの施設が集まる宮崎県総合文化公園があります。一言で言えば、文教地区。学生が勉強するにはうってつけの環境です。

  • 「シガレット」が入る店名が、ユニークですね。

    実は今年の1月まで、たばこ屋と兼業だったんです。たばこ屋にちなんで「シガレット」と名付けました。立て看板など一切出していませんが、県外からのお客さまでも電話で「たばこ屋のところです」と言えばわかってもらえます。そういうわけで、今はたばこの販売はしていませんが、店構えはそのまま生かしています。

  • そもそもどうして不動産業に就かれたのですか?

    大分の大学を卒業して京都の染色会社に勤め、宮崎へUターンしてからもしばらく染色会社に勤めていました。実家がアパートを経営していたもので「宅建の資格でもとろうか」と思いつき、勉強を始めたんです。そしたら試験に合格。「やれるかもしれない」と期待してキャリアチェンジしました。市内の不動産屋で、賃貸仲介業務を2年、売買仲介業務に1年間携わり、2001年に独立しました。

  • 図書館、美術館、芸術劇場などの 施設が集まる総合文化公園

@dreamとの出会い ~宮崎初!「最初の一社は成功しますよ」~

  • @dream導入の決め手となったのは?

    開業1年目は、地元の住宅誌へ広告を出稿し、月に40件ぐらいの問い合わせがありましたが、少しずつ減り不安を感じていました。そんな時にキヤノンシステムアンドサポートさんから、このソフトを提案いただいたんです。当時、宮崎には@dreamを導入した店がなく当社が初めてでした。「最初の一社は必ず成功します!」と強く推され「やってみよう」という気になり2003年1月に@dreamを導入しました。価格は比べるものがなかったので「だいたいそんなものだろう」と思っていましたね(笑)

  • 実際はどうでしたか?

    「宮崎公立大+不動産」「南九州大+不動産」などの検索で上位に検索できるよう、ホームページ上にキーワードの埋め込みをした結果、アクセスは1日100~130件に上昇。学生さんの部屋探しは年明けの1月から春までに集中しますが、2003年は、その間だけで25件の成約。年間通すと導入前の成約件数88件から115件に伸びました。嬉しかったですね。現在は、大学生だけで約50人(件)と倍の成約数になっています。

  • 導入後の新たな戦略は?

    東京で開催された@dreamユーザーの事例発表会に参加して、県外の同業者から話を聞き、刺激を受けました。一つは、地域密着したエリアの絞り込み。取り扱い物件の地域をJR「宮崎駅」と「宮崎神宮前」の2駅の北側に限定して、そこで勝負をかけました。宮崎公立大学や南九州大学の通学圏内に店舗があるメリットを生かし、地元エリアでオンリーワンの不動産会社を目指す戦略です。

  • 物件の競争率も高い宮崎公立大学

愛される秘訣1 情報は最新のものを ~1日数回更新を厳守~

  • ホームページの運営で最も大切にされていることは?

    毎日2~3回更新し、掲載物件は99%ある状態にしておくことに尽きます。@dreamユーザーさんに至っては当たり前のことかもしれませんが、すべてここから始まると思っています。とくにJR「宮崎駅」、「宮崎神宮」駅北側にエリアを絞った分、このエリアにかけては、どこよりも先に最新情報をアップしようと2~3回更新しています。

  • 閲覧だけで終わらないようにするための仕掛けは?

    問い合わせへの誘導が必要です。私は、物件情報に掲載する写真は間取りと室内写真だけにしています。するとメールで外観についての問い合わせがきます。これに返信する時からが営業。外観の写真を添付するほか、周辺環境や大家さんのことなど具体的な情報を付け加えたメールを送っています。
    また、ホームページ上では「問い合わせ」や「希望物件登録」のリンク箇所を増やすことも大切ですね。

  • @dream-Beginの使い心地はどうですか?

    一番競争の激しい宮崎公立大学専用のページを作りました。このページからホームページの物件詳細へと誘導しています。作って1年目は反響も少なかったですが、1年間諦めずにホームページ同様に更新を続けたら検索で上位に上がるようになり、アクセスは順調に増えています。最初、本体のホームページと違い、外観の写真が入るので現地まで行って、看板を掛けている仲介業者や管理会社に直接問い合わせする人が出てくるのではないかと心配しましたが、取り越し苦労だったようです。無料で25件まで物件が掲載できるのでお得ですね。現在はバージョンUPして50件まで載せられるようにしています。

  • 情報がギュッとつまったホームページ

愛される秘訣2 親御さんの気持ちを察する ~ブログで信頼を得る~

  • 遠方に住むお客様から信頼を得る方法は?

    現在、3つのブログを公開しそれぞれ毎日更新しています。
    開業当時より続けているのは「シガレットホーム日記」。ここで私自身を知ってもらいます。家族の話や仕事の話を中心に定休日でも携帯から投稿して投稿数は4,000を超えました。アクセスは1日200件前後。
    それから@dream導入半年後に地域密着の「ご近所blog」を始めました。投稿数は2,600を超えました。こちらは地元エリアを知ってもらうためのもの。宮崎神宮・宮崎公立大・宮崎県立芸術劇場、レストランやイベント、景色等の周辺情報とおすすめ物件を掲載しています。アクセスは1日60件。ヤフーのトップページの右下「地域情報」の枠のスポットに上がってくる時は、何と1日7,000-9,000件のアクセスがあります。

  • 2つのブログは連携していますか?

    「ご近所blog」で書いた店へ家族で食べに行き、「シガレットホーム日記」で子どもが食べている様子を紹介したりしています。グルメ紹介は、だいたい毎週木曜日と月曜日。長く続けているので、さすがに市内のレストランで知らないところはありません。お客様がみえた時に紹介することができます。おかげさまで太りましたが(笑)。

  • もう一つの「学生向けアパート情報ブログ」はどうですか?

    大学周辺にライバル店や大手不動産会社が多くなり、さらに1歩差をつけるために始めました。投稿数は2,600を超えアクセスは80件前後です。学生向けのお部屋の新着情報やイベント(大学祭)や大学のキャンパスの写真、それと親御さんらからいただくお土産物も披露しています。成約してなかなか宮崎に来られない親御さんからは大学の写真は喜ばれているようです。

  • 現地の案内や面談の工夫について教えてください。

    親御さんと子どもさん2~3人でおみえになる場合が多いです。初めての土地を車で案内されてもわからないことが多いので、大学を起点にスーパーを通り物件に行き案内、また大学までもどってから物件まで行く、という風に動いています。通学路を通りながら、治安の悪い場所を説明するのも必須ですね。後は、お客様の希望条件と少し離れていても、気に入っていただけそうな物件があれば合わせて紹介しています。現地案内にみえた場合、よほどのことがない限り、成約につながっています。

  • 親御さんは、ブログをご覧になっている時点で、小松社長を信頼されているんですね。

    繁忙期だから力を入れて営業するのではなく、繁忙期が終わってもブログを毎日書き続けています。地域密着型不動産会社のイメージが強いんじゃないでしょうか。
    物件詳細ページやお客様へのメールには、遠方にお住まいの親御さんの心配を払拭するような情報を掲載しています。というのも、よく問い合わせがくるんです。例えば女子大生の場合「外から部屋を覗かれるのではないですか」とか。その時は、ベランダの高さがわかる写真を撮って送ります。このほか「防犯カメラ設置」「住人は大学生だけ」「インターネット対応」「今年は○人申し込み」など、ちょっとした情報を添えています。

  • 「シガレットホーム日記」に
    度々登場する小松社長の息子さん

  • 色鮮やかな花々が街のあちらこちらに

愛される秘訣3 学生たちを見守る ~紹介して終わりではない~

  • 学生さんへのアフターフォローとしてはどんなことをなさっていますか?

    特別なことはしませんが「何かあったら連絡して」とはいつも言っています。トイレの水が止まらなかったり、建具が歪んで閉まらなくなったり、大家さんや管理会社がいないマンションや緊急の場合は、私が訪ねて、できる範囲内で調整しています。おかげさまで在学生や親御さんからのクチコミで友達や受験生を紹介してもらうこともあります。

  • 未成年の学生さんだけに、事件や事故に巻き込まれないかなど何かと心配ですね。

    成約を決めてくれた今までの学生さんたちの携帯番号500件余りを、全部、私の携帯に登録しています。全員の顔を覚えてはいませんが、部屋と名前は一致しています。みな一人暮らしですから、何かあった時は飛んで行かなければならないと思っています。幸い、これまで鍵をなくして夜中に持って行ったりしたことぐらいで、大事に至ることはありませんでした。ほんと、親代わりみたいなものですね。

やりがい ~学生さんたちの成長に立ち会える~

  • 仕事をしていて一番楽しいことは何ですか?

    学生とふれ合うことですね。月末になると10数人が家賃を店まで持ってきてくれます。振り込み料がもったいないから。各自に「通い帳」を渡しておいて、家賃をもらったら私が領収印を押して返す。極めてアナログなやりかたです。でも、こうすることで、コミュニケーションが図れるし、住み心地や生活についての生情報が得られます。友達と一緒にきて雑談していったり、「カナダに行ってきます!」と留学報告に来たり、実家のお土産を置いていってくれたりしますね。わずか4年で別人のように成長していく学生さんたちに立ち会えることが、いつのまにか私の喜びになっています。

  • 不動産屋とそのお客さんという関係を超えていますね。

    学生が大好きです。そのせいか、この12年、たったの一人もクレームがありません。宮崎を離れてからも連絡をもらうことがあります。先日、大分に就職した学生からの電話があり、何かと思えば「今住んでいるお部屋の水道代がやけに高いと思ったら水道管が水漏れしていたんです。どうしたらいいですか?」ですから(笑)。今でも頼ってくれるから嬉しいです。

  • 「通い帳」の受け渡しでコミュニケーション

これから ~ひとりでやることの強み~

  • ひとりの仕事は大変ではないですか?

    入退去から、クレーム処理まで、ひとりでやるのは確かに大変です。ですがお客様にとってみたら「この人に言えば全部解決する」ので助かると思うんです。また、自分の目で見て写真を撮って掲載するため、物件の空き情報も全部頭のなかに入っていますし、私は図面も自分で引くことが多いので、物件名は掲載していないので住所と家賃・間取りさえ電話で教えてもらえたら「何階が空いていますか?」「ベランダの洗濯機置き場はどのへんでしたか?」「照明はついていましたか?」などの質問にもだいたい即答できます。すべて一人でするので「入居時の説明と退去時では話が違うじゃないか」などということはありません。これは一人でやることの強みではないでしょうか。

  • こらからの目標を教えてください。

    公立大に関して言えば1学年で物件を探している約120人のうち、毎年3分の1~2分の1が当社で成約しています。大学の近くにもたくさんの不動産屋ができているのに、ちっとも減ってないのが不思議です。なぜなのか。繰り返しになりますが、やはり@dreamのITサポーターさんからに最初に言われた「ブログも含め毎日更新」「常に99%の物件がある状態にする」ことをきちんとやっているからだと思います。原点を忘れずに、これからも開業時と変わらぬやりかたでコツコツと努力していきたいと思っています。

  • 月末には学生たちがきて
    賑やかになる店内

会社名 宮崎公立大学近くの不動産 シガレットホーム
住所 〒880-0052
宮崎県宮崎市丸山2-90
TEL 0985-27-3320
FAX 0985-27-3340
お問合せ先 dream2000@cigarettes-home.jp
公式サイト http://www.cigarettes-home.jp/

インタビューを終えて

終始おだやかな声と表情で、一つひとつの言葉の意味を確かめながら、ゆっくりとお話をされる小松社長。自慢話などは、ほとんどなさいませんが、小松社長がどれだけお客様から信頼を得ていらっしゃるか。それは、学生や親御さんからの半端ないお土産の数が証明しています。「学生が好きなんです」といった瞬間の笑顔に、お客様を愛することが商売の基本であり、醍醐味であることを教えられました。
シガレットホーム様が、宮崎に住む学生の暮らしをソフト・ハード両面から支える、地元エリアでオンリーワンの不動産会社であり続けますよう、これからも応援していきます。

(取材・執筆 株式会社 物語ライティング)