セミナー相談事例

一括査定に頼らずとも不動産売却依頼を獲得するためのネット戦略セミナー

公開日:

カテゴリー: 

 

当社が開催している不動産会社様向けの無料セミナーで特に好評いただいている1つに
「一括査定に頼らずとも不動産売却依頼を獲得するためのネット戦略セミナー」があります。

 

勝ち残るために売却依頼、専任受託を取っていきたい。そこで一括査定サイトを
利用するものの思ったほどの反響が得られず、販促費や手間がかかるばかり・・・。
専任受託を取りたいが、買いもあるのでこれ以上の手間はかけられない・・・。

 

こうした悩みをお持ちの不動産会社様が受講され、現状の問題点の気づきや、
具体的な課題解決への対策などを学ばれています。

 

大手も使う一括査定サイトから街の不動産会社が専任受託できる確率はわずか数%

 

そもそも不動産一括査定サイトは大手と同じ土俵で戦う仕組み
街の不動産会社にとって初見や今すぐ客はターゲットになりにくい現実があるため、
一括査定サイトを利用しているだけでは思うような反響は得られません。

 

査定依頼が入れば課金や査定書を作る手間といった負担があるのに媒介率は上がらない…

 

街の中小不動産会社が専任を取るためには、一括査定サイト以外から
集客~反響~媒介契約に持って行く仕組みを持つことが必要なのです。

 

 

今すぐ売る客と中長期客のどちらが多いのか?

 

一括査定サイトで依頼してくるお客様は今すぐ売りたい方ばかりではなく、
大半を占める中長期客は、いざ売りに動く時に一括査定サイトは使いません。
迷いながら自分で納得いくまで必要だと思う情報を調べる人が多いのです。

 

不動産売却の流れや分からないこともネットであれこれ調べるでしょうし、
もちろん、査定依頼をする不動産会社もじっくり調べて比較検討します。

 

売りたい客が見に来るホームページがなければ今度は土俵にすら上がれません。
まずは売りたい客のニーズに合ったホームページを運営する必要があるのです。
ただこのホームページは「買いたい客向け」のものと同じ感覚で考えてはダメで、
本気で売りたい客の受け皿になれる内容であることが重要です。

 

自社ホームページで反響を得ると、その中でまた時間のかかる客が出てきます。
買う人よりも、売る人たちの検討期間は長い傾向があるためです。
いつか売るその日までフォローし続けるのがベストですが、現実的には難しく、
しかしフォローしないと忘れられ、結局よく名前を聞く大手に行かれてしまいます。
手間をかけずにフォローする仕組みを持つことも必要になってくるわけです。

 

 

ネット経由の媒介取得率を高める仕組みを持つ

 

このセミナーでは大手と戦わなければならない一括査定サイト頼みではなく、
街の中小不動産会社が自社で集客、反響を取って媒介契約、
中長期客へのフォローまでを仕組みにし、継続的に専任受託していく戦略を
事例を交えて余すところなく解説していきます。

 

・反響や媒介が取れない理由

・売りたい客が見に来るホームページとはどんなものか?

・客に知ってもらい、比較に勝つために必要な要素とは?

・本気で売りたい客の受け皿になれる内容とは何か?

・なぜフォローを続けるのか?手間をかけずに行うフォローとは?

 

専任媒介を取るためには、売ろうとしている人たちの心理と行動を理解し、
大手に流れてしまいがちな問い合わせを自社に呼び込む戦略が不可欠です。

一括査定サイトで反響があっても先に繋がらない、大手に負けて専任受託できない
媒介取得の取り組みを始めたいが何がいいのか分からず不安。

 

専任受託に課題をお持ちの会社様、これから本気で取り組みたい会社様
どちらにも参考にしていただけます。ご参加をお待ちしています。

 

無料セミナーは全国各地での会場開催とオンライン開催を実施中です。

セミナー予定・詳細・お申込みはこちら>>

 

 

セミナー終了後は、会場開催でもオンライン開催でも個別相談をお受けしています。
堀り下げた質問をされる方や、自社で取り入れるべきことを確認される方はもちろん、
ホームページを見ながら改善点をご相談される方も多くいらっしゃいます。

 

セミナーでお伝えしたポイントを少しでも自社の運営に落とし込んで頂くことが、
受講の成果につながりますので、ぜひお気軽にお声かけください。