セミナー相談事例

「売り」を取る仕組みの構築で自社ホームページからの専任受託を実現

公開日:

カテゴリー: 

 

東京都の売買仲介を行う不動産会社様よりセミナー参加後、個別相談を頂きました。

 

買い集客サイトは運営していますが、売り集客は数社の一括査定サイトだのみで、
査定依頼が入っても受託率が低いことや、チラシも何度かまいてみたものの全く反響がないなど、
費用対効果が望めない状況がありました。受託の獲得が課題と分かっていながら、
大手には勝てないという思いやお悩みをお持ちでした。

 

受託を取るためには売りたいお客様が知りたい情報を載せ、大手にはない自社の強みを
最大限に伝える売り集客専用のサイトと、引き込こんだ顧客との接点を保ち続ける仕組み、
他社に先駆けての充実した査定が必要であることをお伝えし、事例を交えて運用のイメージや、
費用対効果についてもご提案させていただきました。事業のメインとなっている買い集客サイトでの
物件入力やメンテナンスなどがあるため、コンテンツ追加や情報更新を含む、売りサイト運営や
顧客フォロー、質の高い査定書作成まで、手間をかけずに行えることが決め手となり導入いただきました。

 

 

【営業担当コメント】

 

当初は情報収集や何かヒントがあれば…というお気持ちで参加されたそうですが、
セミナー終了後には色々とお話しくださり、「売りを取る方法が全然わかってなかった。
不動産業の実情をよく把握され対処法も具体的に考えられていて、非常に納得できる。
これはやるべきだと思う」と仰っていただきました。

 

大手と並んで選ばれるためには、ポイントを押さえて徹底的な差別化を図った
受託するための仕組み」を持つことが大切だと思います。今回のケースでは早い段階で検索上位になって
アクセスが増え、実査定依頼が月2~3件入り始めたと嬉しい報告もいただいています。

 

 

 

不動産専任受託システムはこちら